詩穂、またあなたに会える日まで

kanashimit.exblog.jp ブログトップ

父の日に

詩穂ちゃん


父の日だったけど


にぃに☆は 朝早くから釣りに行っちゃった
父の日をすっかり忘れて


パパはなんだか 物足りない様子で



それが 詩穂がいない  ってことかな。。


と さみしい父の日
f0357707_23095124.jpg




  にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村    
人気ブログランキングへ                                       

by shihoto11 | 2017-06-18 23:10 | Comments(2)
Commented by ある宝の存在に気づき at 2017-06-24 13:00 x
「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
Commented by shihoto11 at 2017-06-24 16:41
ある宝の存在に気づきさん
コメントありがとうございます。
子供を残さずに亡くなってしまった者たちは
「ご先祖様」になれないのでしょうか・・・
line

2014.5.19 28歳で逝ってしまった娘に届けたい母の言葉


by shihomama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite